不動産一戸建てのメリット

一戸建ての不動産を所有する一番大きなメリットは、土地の資産価値が所有し始めた時と同等の価値が数年経過しても残っている、ということです。分譲マンションなどの場合はもう10年も経過すればその価値が70パーセントから酷ければ50パーセント程度になってしまうのに対し、土地についてはほぼその価値は変わりません。このように一戸建て不動産は長期資産の形成に有効です、また当初は自分で住まい、その後売却してその資金で新たな土地・建物を購入するということも可能となります。このような一戸建住宅のメリットを有効に使いたいものです。

一戸建て住宅のメリット

一戸建て住宅は、これから不動産をと考えている人にとってはやはり憧れの的です。その理由はマンションなどと違って、建物そのものは何年か後に老朽化して価値が無くなったとしても敷地としての価値は何年経過しようが残存するからです。ここがマンション等とは大きく違うところでその一番大きなメリットです。不動産を単なる住宅として捉えるのでなく資産として捉えた場合、価格変動のリスクもあまりなく安定した資産として子供や孫の代に至るまで安心して所有でき、またライフサイクルの変化に伴って建て替えも可能となる、これが一戸建て住宅の最大のメリットです。

↑PAGE TOP

Copyright © 一戸建てのメリットについて All rights reserved