不動産とは土地とその定着物

民法第86条の第1項は、「 土地及びその定着物は、不動産とする」と定めています。それ以外は動産です。土地についてはほとんど問題はありません。建物については、建築中の建物については、最初は土地に定着しているとは言えません。機械であっても、基礎工事の一体であれば、土地に定着していると認められる場合があります。立木も不動産と認められる場合があります。土地の売買では、建物は含まれません。土地や建物について、売買や賃貸借契約を結ぶ場合には、その対象となる物を契約書で明確にすることが大切です。

不動産の選び方について

人気の高い不動産のほとんどは、採光や換気などの環境が優れていることはもちろん、物件の近くに様々な施設が点在していることが特徴です。最近では、良質な物件の契約先の選び方にこだわりのある消費者が増えてきており、ノウハウのある業者のスタッフと念入りに交渉をすることが肝心です。そして、各地の有力な不動産会社が取り扱っている物件のメリットやデメリットを早いうちから比較することが成功のコツとして挙げられます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 一戸建てのメリットについて All rights reserved