底地とはどのような土地ですか

底地というのは、建物を所有するための借地権がついている土地です。底地の所有者は、借地権を持っている建物所有者に、土地を使用させなければなりません。そのため、土地の所有者は、自分の土地であっても、自由に活用することができません。その分、資産価値は低いわけです。しかし、建物を購入する側としては、土地の所有権を購入する必要が無く、借地権つまり使用する権利のみを購入するので、土地と建物を購入する際の合計金額が安くなるのがメリットです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 一戸建てのメリットについて All rights reserved